山下史生法律事務所

ご相談・お問い合わせ

山下史生法律事務所

労働問題

労働問題は、代理人としての仕事は、雇用主(使用者)側のみを担当しています。 解雇が争われた事例における地位保全仮処分、労働審判、訴訟を担当してきました。通常解雇が従業員によって争われた場合、解雇は有効にならず、解雇権の濫用とされることが多いことに注意です。


また、労働組合との団体交渉について、団体交渉への臨み方をアドバイスしたり、事案によっては同席することもあります。 団体交渉については、事前に事務折衝をしっかりと行い、協議事項を明確にすることが大切です。 そして、協議事項への議論状況を明確に認識することが大切です。 お互いに感情的になる場合もありますが、使用者としては、冷静にじっくりと粘り強く対応することが大切です。

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

FAX: 011-271-2993